Module File for mylinks Not Found!Module File for mydownloads Not Found! 大山千枚田保存会 - 大山千枚田保存会 : 台風一過。棚田トラストの稲刈りです by TSuzuki
NPO法人 大山千枚田保存会

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

カレンダー

前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
活動日誌 活動日誌  
写真投稿 写真投稿  

メインメニュー


2007年9月9日(日曜日)

台風一過。棚田トラストの稲刈りです

カテゴリー: - TSuzuki @ 15時00分00秒

9月9日。トラストの稲刈りの日です。
3日前に日本を縦断していった台風9号の影響がちょっと心配です。

作業の前にまず恒例のすがい縄作り。
5・6本の藁で作った縄で、刈った稲を束ねるのに使います。
上手になえる人は、まだうまくなえない人に教えながら一人10本ほどのすがい縄を作りました。
もちろんこれだけでは足りなくて、後で田んぼで稲を刈る傍らせっせとなうことになります。

作業の説明も終わって、さぁ、田んぼへ出発!持ってるものがちょっと違いますが、まぁいいですね。

ぞろぞろ、ぞろぞろ。遠足気分です。

田んぼに着いたら、あぁ、やっぱり倒れてました。でも、そんなの関係ない!どんどん田んぼに入っていきます。

地面に倒れた稲穂は水を吸い、発芽していました。

みんなでわいわい作業できるところがトラストの醍醐味。初対面の人ともいつの間にか世間話をしています。

支援者の人の丁寧な指導付き。刈った稲を束ねるすがい縄の結び方を教えてくれました。
欲張ってたくさん束ねようとすると、干してる間に抜けてきちゃうんだそうです。かといって少なすぎるとすがい縄がいくらあってもありません。ほどほどなのが大事です。

今年から棚田の職員になった浅田君。彼の周りにはいつも子供がいます。

もちろんお手伝いだってします。あぁ、稲がこぼれる・・・

どんどん刈られ、束ねられていく稲。もうちょっとです。

かけ干しの準備も始まりました。

刈った後の落穂拾い。意外とたくさん落ちています。丹精こめて育てた稲だから、粗末にしたらバチが当たりますね。

午前中で予定していた田んぼは刈り終わりました。残っている部分は後日支援者が刈ってくれました。おいしいところだけ体験させてもらえてありがとうございます。

田んぼから棚田倶楽部への帰り道、道端に落ちたゴミを拾いながら帰る人がいました。ゴミ袋とゴミバサミまで用意していて、見ていて頭が下がりました。
 
今年は何キロ受け取れるのか、収穫祭が楽しみです。
 
広報委員 鈴木智久


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

13 queries. 0.017 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

棚田倶楽部 千葉県鴨川市平塚540
Produce by RING