Module File for mylinks Not Found!Module File for mydownloads Not Found! 大山千枚田保存会 - 大山千枚田保存会 : 棚田の大豆で味噌作り by ishida
NPO法人 大山千枚田保存会

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

カレンダー

前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
活動日誌 活動日誌  
写真投稿 写真投稿  

メインメニュー


2009年1月25日(日曜日)

棚田の大豆で味噌作り

カテゴリー: - ishida @ 17時14分03秒

23日金曜日から3日連続で行われた「大豆畑トラスト」最終日は、味噌作り体験です。師走に収穫した大豆を味噌に仕込みました。

麹を包んでいた毛布
なぜかベランダに毛布が干してあります。これは、金曜日に仕込んだ米麹を電気毛布でくるんで培養させていたからなんです。

麹のアップ
米麹のアップです。こんな感じです。

味噌作り説明会
今日で今年度の大豆畑トラストの行事はすべて終了です。外での作業開始前にいったん集合。「皆さん、1年間おつかれさまでした。」

ゆで大豆のアップ
大豆は大きな大きな釜でゆでます。時間がかかるので、午前中から支援者さんや保存会のスタッフが準備を始めています。

大豆をゆでます
水に浸しておいた大豆を、3時間位かけて、柔らかくなるまでゆでるのです。

ゆでた大豆を冷まします
ゆでた大豆は、なんどもへらで返しながら冷まします。時間短縮のために扇風機も動員!

大豆に麹と塩を混ぜます
冷ました大豆に塩と麹をすきこみ・・・

ミンサーで練りだし
ひき肉を作るときに使うような器械で、「味噌のもと」を練りだします。

味噌玉を作ります
両手で「パンッパンッ」と空気を抜きながら「味噌玉」をつくって・・・

味噌を樽に打ちつけるように貯めていきます
味噌玉を樽に打ち付けるように貯めていきます。これを約1年間寝かせると、棚田のお味噌のできあがり。千枚田のお味噌は、麹を市販のお味噌の倍くらい使っているので、旨味があるのです。

煮汁も飲めます。
ちなみに、大豆の煮汁は甘くて美味しいんですよ。トロトロしていて、「これで顔を洗ったらお肌がつるつるになるよ」なんていう冗談も飛び交っていました。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

13 queries. 0.016 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

棚田倶楽部 千葉県鴨川市平塚540
Produce by RING