Module File for mylinks Not Found!Module File for mydownloads Not Found! 大山千枚田保存会 - 大山千枚田保存会 : 全国棚田(千枚田)サミット by ishida
NPO法人 大山千枚田保存会

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

カレンダー

前月2017年 11月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
活動日誌 活動日誌  
写真投稿 写真投稿  

メインメニュー


2008年10月18日(土曜日)

全国棚田(千枚田)サミット

カテゴリー: - ishida @ 22時16分31秒

今年のサミットは長崎県長崎市と雲仙市の共同開催です。
例年のように保存会と中山間の皆さんと参加してきました。
kaikaisiki
開会式です。さすが、長崎市立派な会場でした。
sennga
今年は農工大の千賀先生が基調講演をされました。
oonakao
最初の視察は長崎市の大中尾棚田です。
tonnbo
ここでも案山子がありました。
中でも人目を引いたのがジャンボトンボでした。
tannbo
田んぼは石積みで一枚の規模は割合大きかったです。
unnzennnotanada
二日目は雲仙の棚田の視察です。
mizu
なんといってもうらやましいのが豊かな水です。
isidumi
ここの石積みは見事です。一枚の田んぼを作るのに
どれだけ労力がかかっているんでしょうか。
kouryuukai
交流会です。毎年ここで全国の仲間と顔を合わせ交流をはかります。
長崎、雲仙両市の開催とあってステージの出し物は
見事なものばかりでした
zenninn
会場で記念写真。全員いるのかな。
kodomo
今年のサミットも子供たちが大活躍。
次代を担う子供たちにはいい刺激になるでしょう。
heikai
いよいよ3日間のサミットも閉会となりました。
次回の十日町までお別れです。
kanntaku
エクスカーションとして諫早湾の干拓を視察しました。
規模の大きさにびっくり。
meganebasi
最後の時間があるとのことでめがね橋によっていただきました。
昔の川の幅だったということで現在よりはるかに狭かったです。
干拓も農地の確保だけではなく水害の回避ということもあるようでした。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

13 queries. 0.018 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

棚田倶楽部 千葉県鴨川市平塚540
Produce by RING