Module File for mylinks Not Found!Module File for mydownloads Not Found! 大山千枚田保存会 - 大山千枚田保存会 : 綿藍トラストの綿くり綿打ち・・カラムシストラップ止め作り by sudo
NPO法人 大山千枚田保存会

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

カレンダー

前月2017年 9月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
活動日誌 活動日誌  
写真投稿 写真投稿  

メインメニュー


2006年10月29日(日曜日)

綿藍トラストの綿くり綿打ち・・カラムシストラップ止め作り

カテゴリー: - sudo @ 21時04分05秒

昨日からのあいにくの雨のため、予定していた綿の収穫作業ができませんでしたが、実の付きの悪い枝払いの作業を行ないました。背丈ほどに生長した綿の木にはまだクリーム色のきれいな花が咲いています。
綿の枝打ち
藍の種を摘んできた写真です。ぐっしょり濡れていますのでよく乾かして来年のために保存しておきます。
藍の種
午後からは保存会で予め収穫しておいた綿実で綿くりです。綿くりとは綿実(コットンボール)を種と綿に分ける作業です。これがとても大変な仕事で、手仕事では(特に和綿は)なかなか種がきれい
にとれません。そこで綿くり機の登場。
綿くり
種を取った綿は次に綿打ち作業でふわふわにほぐします。これが布団や紡ぐ綿なのですがこの作業もコツと時間と根気が必要で、今年は業者に頼む予定です。次回の作業日には綿の分配ができますので、お楽しみに。
綿打ち
  
作業終了後、日大の日暮先生にカラムのシストラップ止めの作り方を教えていただきました。
写真はどこにでも見られる植物のカラムシから取った繊維です。これでストラップを作り、その織り止めのために付けるリングを作りました。リングは大山千枚田周辺の土(どこでも良いというわけではないそうです)を粉末にして練って、リングにし、わらで模様を付け、乾かし焼き上げます。
カラムシの繊維
  
土作り
  
こねる
  
リング
今日の作業はリングの形を作るところまでで、ストラップは宿題に。皆さん、家で楽しみながらストラップ作りに挑戦してみてください。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

13 queries. 0.016 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

棚田倶楽部 千葉県鴨川市平塚540
Produce by RING