Module File for mylinks Not Found!Module File for mydownloads Not Found! 大山千枚田保存会 - 大山千枚田保存会 : by tanada
NPO法人 大山千枚田保存会

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

カレンダー

前月2018年 2月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
活動日誌 活動日誌  
写真投稿 写真投稿  

メインメニュー


2007年12月24日(月曜日)

年末恒例の餅つき

カテゴリー: - tanada @ 16時40分54秒

今年を締めくくる「棚田の灯り」イベントの翌朝、棚田では、灯りを燈していた“竹筒製松明”を黙々と片付ける支援者、ボランティアさんの姿が・・・そして、棚田倶楽部では、年末恒例の餅つきが行われました。棚田で育ったツキミモチで作るお餅は、のびがあって美味。しばらく冷凍庫に保存した後でも美味しくいただけると評判のお餅です。自分でついた餅を持って帰りたい人は、餅をつくところから伸す(切り餅状に平らに伸ばす)ところまで体験できます。

蒸したてのもち米
まずはもち米二升を蒸します。
杵と臼でぺったんぺったん
“ぺったん”“ぺったん”という、杵の軽快な音が鳴り響きます。
お餅をたたむようについていきます
お米の粒がだんだん見えなくなっていきます。
人の顔みたいにも見えるお餅
なんだか人の顔にも見えてきたお餅。そろそろできあがりです!
つきたてのお餅をいただきます!
つきたてのお餅を、大根おろし、ごま、小豆あん、きなこでいただけるのは、参加者の特典です。
大福餅もつくります
大福餅もできたては一味ちがいますよ。
nosi
お店では見かけることが少なくなった「のし餅」のできあがり。参加者の皆さん、ほやほやを大事そうに持って帰りました。


2007年9月23日(日曜日)

綿藍トラスト 畑で収穫とスピンドル体験

カテゴリー: - tanada @ 09時29分16秒

綿藍トラスト
畑の収穫・作業とスピンドルの体験をしました。暑さ寒さも彼岸までという言葉通り、それほど暑くもなく作業しやすい気温でした。
午前中は、畑で綿・藍の収穫と草刈り。
去年に比べて棉は豊作です!
去年に比べて、棉は豊作です!。
 

小さなわたもがんばってます。
 

藍はちょっと・・・雨が降らない時期があって一時期瀕死の状態から復活しました。やはりアイには潤いが必要かと・・・。
 

午前中だけの作業でこんなに収穫できました!
 

上の大きいのが米棉、下の小さいのが和棉です。

午後からは、スピンドルを作成です。

材料は、お箸と紙粘土とフック。


みなさんの作品です、いろんな形があっておもしろいです。


この布は、会員の方が手作りの機織機!で和綿で作った作品です!!


これは、カラムシという草から糸を紡いで作ったランチマットです!これまたすごい!!


2007年9月17日(月曜日)

雑草畑から大豆畑に−大豆トラスト草取り

カテゴリー: - tanada @ 16時30分40秒

雨続きで種まきが遅れた関係で、8月に草取りが行われなかった大豆トラストの畑は、雑草畑かと見まがうほど、勢いよく草がのび放題。60名を越える参加者の暑さに負けぬ働きぶりで、何とか午前中いっぱいかかって、再び大豆畑に生まれ変わりました。

大豆トラスト、棚田トラスト合同オリエンテーション
今日は棚田トラストの脱穀作業も同時開催。朝のオリエンテーションは合同で行いました。

大豆畑=草取り前
草取り前は、こんな状態・・・草をかき分け、大豆を探し出さなければならないほどでした。

大人数の草取り風景
黙々と作業に没頭する人、「ビールが飲みたいなぁ」と笑いあいながら作業する人、たくさんの人の力で少しずつ、大豆が姿を見せ始めました。

鎌を使って根こそぎ雑草取り
鎌の先っぽを上手に使って、根こそぎ雑草を抜いていきます。

大豆と雑草の見分けが付かない位・・・
最初は、大豆と雑草の見分けがつかないくらいだったのが・・・

草取りのおかげで大豆が顔を出しました
草取りのおかげでこんなにすっきり。大豆畑らしく見えるでしょ?

大豆の花
まだ少し咲いていました—大豆の花。5mmくらいのかわいいお花です。


2007年7月29日(日曜日)

綿藍トラスト 草刈り・藍の生葉染め

カテゴリー: - tanada @ 17時42分04秒

 今日は、綿藍トラストの草刈りと生葉染めが開催されました。
 午前中は、草刈りと綿の支柱立て。

綿は去年の同時期と比べると、ちょっと成長が遅いみたいです。
綿は去年の同時期と比べると、ちょっと成長が遅いみたいです。

藍もちょっと成長が遅いかも・・・・
藍もちょっと成長が遅いかも・・・・

支柱を立てて結んでいきます
支柱を立てて結んでいきます

午後からは、待望の生葉染め。生葉染めは、藍の一番葉を使用して染めます。通常の藍染めは、発酵させた藍を使います。生葉染めは、藍の産地でしかも今時期だけのものです!

まず、柄をつけるため布を絞っておきます
まず、柄をつけるため布を絞っておきます

藍は、水と葉をミキサーで砕いて
藍は、水と葉をミキサーで砕いて

砕いた葉をしぼって
砕いた葉をしぼって

布をその汁につけます
布をその汁につけます

水洗いをして
水洗いをして

最後に染めをとめる為オキシドールにつけます
最後に染めをとめる為オキシドールにつけます

染まりました!
染まりました!

棚田をバックに記念撮影
棚田をバックに記念撮影

絞り方によって思いもよらない(思い通りにならない!)柄がでます。そこが楽しくも難しいところです。
去年の生葉染めより、濃い色(花田色というそうです)に染まりました。藍の花が咲く前だったからでしょうか。


2007年7月28日(土曜日)

暑かった・・・大豆畑トラスト種まき

カテゴリー: - tanada @ 18時55分44秒

天候不順のために、2回の延期を余儀なくされた大豆トラストの種まきが、ようやく行われました。度重なる予定変更にもめげず参加してくださった会員さん達は、炎天下の畑で年末の収穫を夢見ながら(?)正午過ぎまで頑張りました。

大豆種まき1
棒で30cm間隔の穴を空けていき、そこに大豆を2-3粒ずつ蒔いていきます。午前中なのに、とにかく暑い!暑い!

大豆種まき2
種の上に土をかぶせます。芽が出やすいよう、柔らかい土を運んできてかぶせています。

大豆の種に土をかけます
近くで見るとこんな感じです。

大豆種まき3
このカーブ。休耕田を利用した大豆畑なのです。

名物棚田カレー
久々に登場、名物『棚田カレー』です。作業の後の栄養補給!

動物よけフェンス張り
午後からは、支援者の皆さんが、動物よけのフェンス張りをしてくださいました。これをしないと、蒔いた種があっという間にうさぎの餌になってしまいます。

大豆トラストの支援者さん
午後いっぱいかかって、畑の周りをきっちりフェンスで囲んでくださった支援者の皆さん達。ありがとうございました!


19 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

棚田倶楽部 千葉県鴨川市平塚540
Produce by RING