記事一覧

家づくり体験塾第3回2日目(11月28日)

ファイル 247-1.jpg

2日目は屋根下地(ルーフィング)をはっていきます。

ファイル 247-2.jpg

母屋の屋根の下に潜り込んでこんな恰好も!

ファイル 247-3.jpg

下地はこんな感じで完成しました。

次回は、ここに前回おろした瓦をのせる作業を行っていきます。
だんだん形になってきました。

家づくり体験塾第3回一日目(11月27日)

ファイル 246-1.jpgファイル 246-2.jpg

第3回目の家づくり体験塾は、南側の下屋の屋根の補修工事でした。屋根にのっている瓦をすべておろし、屋根下地を新しくして瓦をのせていくという作業を行っていきます。

まず、瓦を1枚1枚手作業でおろしていきます。なかなかに瓦が重いんです!割らないよう慎重に作業します。

昔の瓦は1枚ごとに大きさが微妙に違うので、その大きさも大・中・小と揃えていきます。

屋根にのっている泥は瓦を固定するために使用したもの。こんなところまで昔はエコだったんだ~と感心。

ファイル 246-3.jpgファイル 246-4.jpg

ちなみに東側のキッチンはこんな感じです。
まさに古民家(風)といった感じでとても素敵でした。

玄関の扉も現作でとても雰囲気があります。

ファイル 246-5.jpg

今日の作業はこんな感じで終了。
明日は屋根下地を張っていきます。

家づくり体験塾第2回2日目

二日目の今日もよい天気に恵まれた家づくり体験塾。

ファイル 241-1.jpg

今日は施工する古民家の柱の位置を実測して、野帳(実測した図面)を作成していきます。これをもとに柱などを刻んで(ほぞなどを作る)いきます。

まず柱の中心をさしがねを使って出します。

ファイル 241-2.jpg

それから2人ひと組になって、柱の中心と中心を巻尺で測り、野帳に柱の位置と実測した数字を記入していきます。メートル法に慣れている私たちは尺貫法の巻尺の数字を読むだけで一苦労。

でも全部測り終わって図面が何とか形になると、なんだかちゃんとした(ちゃんとしているんですが)図面に見えてきて、塾生さんも感慨深げでした。

ファイル 241-3.jpg

その間、施主夫妻は東側のキッチンの外壁を塗っていました。杉の板張りの外壁を塗料で塗っていくと渋い味わいが出てとてもいい感じです。だんだんと出来上がっていく姿を見るのもこの体験塾の醍醐味。

ファイル 241-4.jpgファイル 241-5.jpg

それから水平垂直を測る水平器の登場で、柱の高さを調整していきます。古民家なので高さ調節などの微調整が必要になります。赤い光のラインが柱に浮き出ると塾生さんからは声が上がりました。

こういう道具ってふだん見たことがないのでちょっとテンションあがります。

次回は屋根の補修に入ります。
だんだん形になってきました。
これからが楽しみです。

家づくり体験塾第2回1日目

ファイル 240-1.jpg

棚田の夜祭り開催中の間にも、家づくり体験塾をやっていました。
本当は10月末の予定でしたが台風で延期になりました。

ファイル 240-2.jpgファイル 240-3.jpg

今回はまず道具の手入れから。
前回より継続の方は使った道具の手入れを、今回新規の塾生は購入した道具の手入れをします。

新しく購入したのに道具の手入れをするの??

と私は思ってしまいました。

なんと道具の金モノは使う前に一度手入れが必要だそうです。買ったものはすぐ使える、という認識は誤っているのですね。ノミは丁寧に砥ぎます。それから金づちでたたくところは一度たたきやすいように調整する必要があります。

使えない、わけではないそうですが、やはり手入れをしたほうがよいとのこと。なんだか不思議な感じでした。

午後はそれからのこぎり、墨つぼなどの調整を行いました。

明日はいよいよ現場での作業です。

家づくり体験塾第1回2日目

今日はさしがねの使い方から体験塾が始まりました。

ファイル 233-1.jpgファイル 233-2.jpg

さしがねなんか寸法をはかる単純な道具じゃないの??
なんて思ってしまいますが、なかなかどうして。
表目と裏目の違いから、三角形の斜辺、円の円周まで分かってしまう万能の道具です。

私たちは学校で学んだ数学で寸法の出し方を考えてしまいます。角度を何度だから~~と思って測ったり、XとかYとかで考えたり。しかし、さしがねがあれば当てるだけで寸法が分かってしまう。三角関数を学ぶのならさしがねの使い方を知っていて方がよっぽど実際の生活に役立つのではないかなと思ってしまいます。

ファイル 233-3.jpg

他の道具についても学びます。
のみだって100種類くらいあるそうです。

なかなか話は尽きないのですが、
午後は実際に今期の家づくりで改修する古民家での作業です。

ファイル 233-4.jpg
(実際に作業する古民家。人と比べればわかりますが大きいです)

4期から引き続きお世話になります施主は第2期の家づくり体験塾の塾生でもあったNさん。
去年の第4期は家の東側を主に施工しました。

これからキッチンやお風呂などの設備が入ってくるそうです。

少しずつですが完成に向けて工事が進んでいきます。
その様子をブログを通してお話していきたいと思います。

ファイル 233-5.jpg

最後にもう一回さしがねで。
正方形からさしがねを使って正八角形を作ります。
私も挑戦したのですが、どうしても角度やら公式やらでうまく考えられません。
答えはさしがねを使えば、ごく簡単。興味のある方は答えをお問い合わせくださいw

そんなこんなな次回の家づくり体験塾は10月30・31日です。