記事一覧

家づくり体験塾第1回2日目

今日はさしがねの使い方から体験塾が始まりました。

ファイル 233-1.jpgファイル 233-2.jpg

さしがねなんか寸法をはかる単純な道具じゃないの??
なんて思ってしまいますが、なかなかどうして。
表目と裏目の違いから、三角形の斜辺、円の円周まで分かってしまう万能の道具です。

私たちは学校で学んだ数学で寸法の出し方を考えてしまいます。角度を何度だから~~と思って測ったり、XとかYとかで考えたり。しかし、さしがねがあれば当てるだけで寸法が分かってしまう。三角関数を学ぶのならさしがねの使い方を知っていて方がよっぽど実際の生活に役立つのではないかなと思ってしまいます。

ファイル 233-3.jpg

他の道具についても学びます。
のみだって100種類くらいあるそうです。

なかなか話は尽きないのですが、
午後は実際に今期の家づくりで改修する古民家での作業です。

ファイル 233-4.jpg
(実際に作業する古民家。人と比べればわかりますが大きいです)

4期から引き続きお世話になります施主は第2期の家づくり体験塾の塾生でもあったNさん。
去年の第4期は家の東側を主に施工しました。

これからキッチンやお風呂などの設備が入ってくるそうです。

少しずつですが完成に向けて工事が進んでいきます。
その様子をブログを通してお話していきたいと思います。

ファイル 233-5.jpg

最後にもう一回さしがねで。
正方形からさしがねを使って正八角形を作ります。
私も挑戦したのですが、どうしても角度やら公式やらでうまく考えられません。
答えはさしがねを使えば、ごく簡単。興味のある方は答えをお問い合わせくださいw

そんなこんなな次回の家づくり体験塾は10月30・31日です。